MENU

小さいお子さんや子供でもムダ毛は気になるものです。

小さいお子さんをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

親御さんは、お子さんが健康で元気に、毎日楽しく過ごしていくことを一番に望んでいるのではないでしょうか。

 

 

 

僕は、まだ結婚もしていないですが、姪っ子や友達や同僚の子どもの話を聞いたり、見ているとそのような感じに思えます。

 

子供がいる家庭は羨ましいです。

 

 

 

僕もそろそろ良い歳になってきましたので、せめて彼女ぐらいは欲しいですね(泣)。

 

そんな僕の話はどうでも良いとして、子どもの心というのはデリケートで傷つきやすいものなんですね。

 

 

 

他の友達と少し違う特徴を持っていたり、浮いていたりすると、からかわれたり、仲間はずれにされたり、酷い場合にはいじめにあってしまうこともあるそうです

 

いじめについては、日々ニュースでも取り上げられていますし、お子さんをお持ちになるご両親の方は最も心配することの一つですよね。

 

 

 

からかわれたり、いじめにあってしまう原因や要因は色々と考えられますが「ムダ毛や体毛が濃い」ことが引き金となってしまう場合もあります。

 

早ければ、小学生の頃から毛深くなってしまう子もいますからね。

 

 

 

子供は、とってもストレートな性格をしていますので、思ったことを直接言ってしまいます。

 

僕も、知人の子どもに痛いところを言われたこともあります(汗)。

 

 

 

例えば、周りに毛深い子がいた場合、直接そのことを本人言ってしまうこともあるのですね。

 

毛深いことを理由に、何度も何度もからかわれてしまうこともあるでしょう。

 

これは非常に辛いことです。

 

 

 

ムダ毛が剛毛で、長年コンプレックスに感じて続けていた僕が言うのですから、間違いはありません。

 

男の子でも女の子でも小学生の頃から、毛深かったりすれば、気になってしまうことでしょう

 

 

 

それで、自分なりの対処法を考えて、ムダ毛を処理してしまう子もいるかもしれません。

 

カミソリで剃ったり、毛抜きで体毛を直接抜いたりとかですね。

 

ただ、子どもの発想は予想をしないことをしたりすることもありますので、本当に危険な脱毛方法を試してしまう可能性もあると思います。

 

 

 

子供とムダ毛というのは非常に難しい問題です。

 

恥ずかしい気持ちから、大好きな両親に言うのをためらってしまう子もいるでしょう。

 

 

 

ですから、お互いにコミュニケーションをよく取ったり、お互いの理解を深めることが大切なのではないかと思います。

 

それで、子どもから「体の毛が濃いのをなんとかしたい!」と打ち明けられることもあるかもしれないですからね。

 

 

 

その際は、真剣にお子さんの気持ちを考えて、正しいムダ毛処理をしてあげるのが最善策です。

 

除毛クリームでは「パイナップル豆乳除毛クリーム」、抑毛ローションでは「パイナップル豆乳ローション」「コントロールジェルME」「ネオ豆乳ローション」「プレミアムビューティースキン」などの子どもでも使用できる肌に優しいムダ毛ケアアイテムですので、そちらを使って処理してあげるのが良いと思います。