MENU

ムダ毛が濃いと薄毛になりやすい?

昔からよく言われているのが「ムダ毛が濃い人は薄毛・ハゲになりやすい」ということですよね。

 

それで、結局のところはどうなのかといいますと、体毛・ムダ毛が濃くても薄毛になる人もいれば、フサフサの人もいるということになります

 

 

でも、どうしてこのような都市伝説のようなことが言われてきたのか少し考えてみたいと思います。

 

それで、僕の頭に思い浮かんできたのが「男性ホルモン」です。

 

 

男性ホルモンが過剰に分泌されると、ムダ毛や体毛が濃くなる原因になりますからね。

 

それと同時に、薄毛も男性ホルモンによる影響があると言われています。

 

 

これこそが、「体毛・ムダ毛が濃い人は将来薄毛になる」と言われている所以なのではないかと思いました!

 

確かに、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことで薄毛・ハゲを招いてしまうことはあります。

 

 

しかし、必ずしもそうではないんです。

 

最近よく耳にする薄毛の症状であるAGA(男性型脱毛症)については、皆さんご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

 

コレは、男性ホルモンであるテストステロンが5a-リダクターゼという還元酵素と結びついてしまうことで強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されてしまうことで起こります。

 

 

つまり、テストステロンと5a-リダクターゼが結びつかないで、DHT(ジヒドロテストステロン)が誕生しなければAGAを発症してしまうことはほとんどないのです

 

こちらは、ムダ毛や体毛が濃くなるメカニズムとはまた違う原因になります。

 

 

なので、体毛・ムダ毛が濃いからといって薄毛・ハゲになってしまうことは絶対ではないので安心してくださいね

 

ちなみに、除毛剤で毛深いムダ毛・体毛を脱毛しても、ハゲ・薄毛を防げるということではありません。

 

多くの薄毛・ハゲは体内によるホルモン異常・頭皮の血行不良・内蔵疾患などが原因になりますからね。

 

 

また、体毛・ムダ毛が濃い人は男性ホルモンが分泌されやすい体質であるのも可能性としては高いと思います。

 

 

僕の父親も腕毛・すね毛が50代になった今でも濃いです。

 

その遺伝からか僕もムダ毛が濃くなってしまったのでしょう。

 

 

そんな父親はムダ毛が濃いことを全然気にしていないみたいですけどね(汗)。

 

風呂上がりの父親の姿を見ると、かつての僕を思い出してしまいますよ。

 

 

話が逸れてしまいましたが、「体毛・ムダ毛が濃い=ハゲ・薄毛になる」ということは絶対ではないということです。

 

ただし、ストレスや乱れた食生活・生活習慣を送っているとホルモンバランスが乱れ、AGAを発症してしまう可能性があることを忘れてはいけません。

 

 

健康的な毎日を送っていれば、薄毛・ハゲになってしまうリスクはそれ程ないと思いますので、考え込みすぎるのは辞めましょう!