MENU

子どものムダ毛処理は何歳からできる?

秋や冬の季節はいいかもしれませんが、春や夏場は肌の露出が増えるので、子どもにとってもムダ毛が気になる季節なのですね。

 

子どもでも、少し毛深いだけで、からかわれたり、仲間はずれにされたり、いじめにあってしまうこともあります。

 

 

 

ちょっとだけ他の子とは違う特徴を持っているだけでも、からかわれてしまうことがあるんですね。

 

そのことで、お子さん本人が気にしてしまう場合もあるでしょう。

 

 

 

ムダ毛が濃いと、プールの授業に出たくなくなったり、体操服に着替えるのが嫌になってしまうお子さんもいます。

 

深刻になると、心に大きな傷ができてしまったり、いじめにあってしまう場合もあるのです。

 

これは、親御さんとしては、とても心配なことですよね。

 

 

 

でも、子どもの肌と大人の肌は違い、子どもの肌はとってもデリケートで傷ついてしまいやすいのです。

 

このことは、親御さんも理解していると思います。

 

 

 

それで、「何歳から子どものムダ毛処理をしても良いのか?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれないですね。

 

そこで、子どもの脱毛をするなら何歳頃からが適切なのかご紹介したいと思いますね。

子どもの脱毛は早くても小学生になってから。

赤ちゃんや幼稚園・保育園に通っているお子さんは、まだムダ毛の処理はしない方が良いですね

 

この頃は、まだ肌が敏感でとってもデリケートなので、毛深くても脱毛をしないのがベターです。

 

 

脱毛をする時期は、6歳〜7歳以降の小学生になってからするのが望ましいです。

 

6歳、7歳といっても、まだ小学1年生か小学2年生になります。

 

そのため、赤ちゃんの頃や幼稚園・保育園に通っていた時期よりも肌は強くなっていますが、まだまだデリケートな状態です。

 

 

 

ですから、できる限り肌に優しいムダ毛ケアテムを使用して、脱毛したほうが良いですね。

 

「カミソリ」「毛抜き」は絶対にNGです。

 

 

 

カミソリ負け」「肌の黒ずみ」「埋没毛」「肌に炎症が起きる・肌が赤くなる」など、その他にも様々な肌トラブルを招く可能性が高いです。

 

それから「除毛クリーム」もあまりオススメできません。

 

今は肌に優しい成分が配合されているので、肌荒れを起こしたり、痛みを感じることはほとんどありませんが、使用するのが子どもの場合は違います。

 

 

 

子どもの除毛クリームなら「パイナップル豆乳脱毛クリーム」が唯一、おススメですね。

 

子どもに一番におススメの脱毛アイテムは、抑毛ローションになります。

 

 

 

パイナップル豆乳ローション」「コントロールジェルME」「ネオ豆乳ローション」「プレミアムビューティースキン」などがおススメです。

 

理由は、全身に使用できるぐらい肌に優しい成分しか配合されていないからですね。

 

 

 

一つ注意するとことが、これらの抑毛ローションは、使用してすぐにムダ毛や体毛が脱毛できるというわけではありません。

 

抑毛ローションは、使い続けていくうちに、少しずつムダ毛を薄くしていくタイプのムダ毛ケアアイテムです。

 

 

 

毎日、お風呂上がりの清潔な肌の状態に使うことで、ムダ毛が少しずつ目立たなくなっていくと思いますよ。

 

子どものムダ毛は、大人のムダ毛よりも薄い場合が多いですので、使って数週間〜1ヶ月ぐらいでも効果が期待できると思います。(※お子さんの肌質や毛質などの個人差はあります)

 

 

 

また、今は子どもでも脱毛できるエステサロンがありますよね。

 

「キッズ脱毛」が有名でしょうか。

 

 

 

僕としては、こちらはあまりおススメできません。

 

お子さんの肌質によっては、刺激が強すぎたりしてしまいますからね。

 

 

 

それから、人から見られながら脱毛を受けるというのをストレスに感じてしまう子もいます。

 

子どもの脱毛で第一に考えるのは、「肌への負担の少なさ」だと思いますので。

 

少し時間がかかると思いますが、肌へのダメージが少なく脱毛できる「抑毛ローション」を僕は一番におすすめしたいですね。