MENU

毛抜きによる自己処理方法はNG!

ムダ毛や体毛が濃くて悩んでいる男性で、「毛抜き」を使った自己処理方法を試したことがあるという人もいるのではないでしょうか。

 

毛抜きは、女性が行う脱毛方法だと思われがちですが、実は男性でもけっこう多いんですね。

 

実際に僕がそうでしたので(^_^;)

 

男性で、毛抜きによる自己処理方法を行う人は、未成年の中学生や高校性といった若い年齢層の人が多いのではないかと思います

 

僕がムダ毛を気になりだした中学生の時は、ムダ毛の処理方法が「カミソリ」か「毛抜き」によるものしか思いつきませんでしたからね。

 

また、思春期の時期は体毛が急激に濃くなりやすく、焦って脱毛しなきゃ!と思った時に毛抜きを使用する人が多いんですね。

 

 

男友達でも嫌なのに、女子には絶対に体毛が濃いと思われたくないですからね。

 

僕は、中学生からムダ毛がボーボーに生えていたので、それがものすごくコンプレックスでした。

 

 

それで、その時に濃いムダ毛をなんとかしなきゃ!思い、毛抜きを使って処理していたことがあります

 

 

カミソリで剃ってもまたすぐに生えてきちゃいますし、それなら痛みを覚悟の上で毛抜きで脱毛しようと思ったんですね。

 

 

それで、毛抜きを使って足や腕のムダ毛を1本ずつ処理していたわけですが、痛いし、時間はかかるしでかなりしんどい思いをしていた記憶があります

 

終わってみると、数時間はかかっていましたよ(汗)。

 

 

ある程度、キレイに脱毛できたなと我ながら関心していたのですが、よく見るとそうでもありませんでした。

 

 

脱毛後の足と腕の肌をよく見てみると、鳥肌のようなモノができていたり、黒いポツポツができていたり、肌が汚くなっていたのです。

 

このことがキッカケで、僕は「毛抜き」によるムダ毛の処理方法は一切行わなくなりましたね。

 

また、人によっても肌トラブルの症状は色々あるようなので毛抜きによる自己処理方法は絶対にオススメできません。

毛抜きによって起こる肌トラブルについて

毛抜きによって起こる肌トラブルはいくつもあります。

 

それでは、どのような肌トラブルを招いてしまうリスクがあるのか紹介していきたいと思いますね。

埋没毛になる
毛穴に細菌が入ることで炎症が起こる
色素沈殿(黒ずみ)の原因になる

毛抜きによるムダ毛処理方法は、肌へのダメージが大きいため、「埋没毛」「炎症」「黒ずみ」などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

また、繰り返し行うことで、肌へのダメージが蓄積されてしまい、思わぬ肌トラブルを招いてしまうケースもあるんです

 

 

ですから、基本的に毛抜きによるムダ毛の処理方法はNGです!

 

あまりにも危険すぎますからね。

 

 

これから、毛抜きを使ってムダ毛を処理しようと思っている方は、絶対に辞めておきましょう。