MENU

家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器は、その名の通り、家でムダ毛処理ができる脱毛アイテムです。

 

ムダ毛ケアアイテムは、「除毛剤」「抑毛ローション」「ブラジリアンワックス」などがあります。

 

これらのアイテムのメリットは、使いやすく、お手頃価格で気になるムダ毛の脱毛ができるということですね。

 

 

しかし、家庭用脱毛器は値段が数万円以上もかかってしまいます

 

でも、一度購入してしまえば、本体が壊れない限り、ムダ毛が生えるたびに、永久に脱毛をすることが可能なんですね。

 

そのため、女性だけでなく、男性にも人気の脱毛アイテムになっています。

 

それでは、脱毛器についてこれからさらに詳しく紹介していきたいと思いますね。

脱毛器の種類

脱毛器の種類は「光脱毛(フラッシュ脱毛・IPL脱毛)」「レーザー脱毛」があって、この2つが主流となっています。

 

ちなみに、フラッシュ脱毛やIPL脱毛という脱毛方法を総称して「光脱毛」と呼びます。

 

 

光脱毛は「ケノン」「ラヴィ」「エピナード」、レーザー脱毛は「トリア」が有名ですね。

 

では、この光脱毛とレーザー脱毛とでは何が違い、どのようなメリットがあるのかまとめておきたいと思います。

光式脱毛器のメリット・デメリット

光脱毛は、多くの脱毛エステサロンで採用されている脱毛方法になります

 

 

エステサロンでも採用され、人気になっている光脱毛の魅力は、脱毛時に「痛みが少ないこと」「肌へのダメージがほとんどないこと」「広範囲に照射できることで、ムダ毛の処理時間が短時間で済むこと」ですね。

 

 

ストレスを感じることなく脱毛ができるのは非常にありがたいですよね。

 

唯一のデメリットとしては、カートリッジがなくなったらまた買い換えなくてはならないということですね。

 

 

でも、ケノンの脱毛器なんかは照射面積が広いため、照射回数が少ないという特徴を持っています。

 

なので、個人差はあると思いますが、カートリッジ1本で数年使用することも充分に可能です。

レーザー式脱毛器のメリット・デメリット

レーザー脱毛は昔からある脱毛方法です

 

当サイトで紹介している「トリア」がレーザー式脱毛器にあたります。

 

 

レーザー式脱毛の魅力は、「カートリッジを変える必要が無いため、コスパが良い」「脱毛力が高いこと」ですね。

 

カートリッジを変える必要がないのは非常に大きいと思います。

 

 

本体さえ購入してしまえば、あとは家庭に好きな時に脱毛することができるのですからね。

 

 

デメリットとしては、「痛みを伴う」ということです。

 

人によって感じ方はそれぞれあると思いますが、痛みを感じている人が多いのが現状としてあります。

 

 

けれども、それだけの高い脱毛力がありますので、個人的にはデメリット以上に優れたメリットを持っている家庭用脱毛器だと思います。