MENU

カミソリ負けの症状と原因について

カミソリ負けは、多くの男性・女性が経験したことがある症状だと思います

 

そのカミソリ負けは、主に硬い毛が生えている部位で起こりやすい症状です。

 

 

硬い毛が生えている部位というが、「あご」「口」「鼻下」「ほほ」などですね。

 

すでにお分かりの方が多いと思いますが、カミソリ負けは顔周りに生えるムダ毛の処理で起きやすい症状なんです。

 

カミソリ負けによる症状としては以下のようなものがあります。

肌にブツブツができてしまう
湿疹・炎症が起きる
肌がかゆくなる

 

症状の現れ方は人それぞれで、軽い人もいれば重い人もいます。

 

 

一番最悪なのが、「尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)」になってしまうことですね。

 

 

ニキビのような吹き出物がたくさんできたり、化膿してしまっている方は、この症状を疑ったほうがいいかもしれません。
その尋常性毛瘡は、カミソリ負けによる傷口からブドウ糖球菌の感染によって引き起こされます。

 

 

この症状を抱えたまま、ひげ剃りを続けるのはハッキリ言って辞めておいた方がいいです。
症状がどんどん悪化していってしまいますからね。

 

 

あまりにもカミソリ負けのひどいと思った場合は、皮膚科を受診することをおススメします。

 

カミソリ負けが起きてしまう理由

深剃り
肌の状態が悪い
間違ったカミソリの使い方をしている
カミソリの切れ味が悪い

 

多くの人に当てはまるカミソリ負けの原因がこの4つですね。

 

 

これらは気を付けていれば、カミソリ負けを未然に防ぐことが可能です。
それほど難しいことではないと思います。

 

カミソリを正しい方法で使用するだけで、カミソリ負けのリスクを大幅に減らすことができますからね。

 

 

また、睡眠不足や強いストレスを抱え続けていると、体の免疫機能が落ちてしまい、その結果カミソリ負けを引き起こしてしまうこともあります

 

心当たりがある方は、十分な睡眠を摂り、心を落ち着かせ、栄養バランスの良い食事を摂ることを習慣にすると良いでしょう。

 

 

ストレスを抱え続けていると、男性ホルモンが増えて、ムダ毛やヒゲが濃くなる原因にもなってしまいますからね。

 

 

ひげ剃りは毎朝洗顔中・洗顔後行っている方が多いと思います。

 

朝は会社に出勤したり、学校に行かなくてはなりませんから、非常に忙しないですよね。

 

 

僕の経験では、朝時間がなくて慌てて髭剃りをすると、良くカミソリ負けを起こしていました

 

 

そのため、今は余裕を持って起きるように心がけています。

 

 

朝早く起きることで、時間に余裕ができて正しい方法でひげ剃りをすることができますからね。
ひげ剃りはゆっくり焦らず、正しい方法で行えば、それほどカミソリ負けを起こすことはないと思いますよ。