MENU

鼻毛を抜いて処理している人は危険なので、辞めておいた方が良いですよ。

鼻毛を無意識のうちに手で抜いたり、毛抜きを使って鼻毛処理をしている方も多いのではないでしょうか。

 

でも、その処理方法は絶対にオススメできません。

 

なぜなら、炎症を起こしてしまう危険があるからです。

 

 

 

酷いと化膿してしまう恐れもありますし、最悪病院に行くことになってしまう可能性も出てきます。

 

軽度の場合は、鼻を触ると少し痛みを感じる程度ですが、いつ最悪な事態が起きてもおかしくはありません。

 

 

 

ですから、鼻毛カッターや鼻毛切りハサミを使って処理をするのが望ましいですね。

 

ただ、これらの処理方法にもいくつかの注意点があります。

 

 

 

まず、一つ目は鼻の中を傷つけないようにするということですね。

 

これは、使用している方なら既におわかりのことでしょう。

 

 

 

それから、鼻毛を切りすぎてしまうのもNGなのです。

 

「鼻毛が出て恥ずかしい思いをしたくないから…。」「鼻毛の処理を何度もするのが面倒だから…」などといった理由で鼻毛を短く切りすぎているのも良いこととは言えません。

 

 

 

なぜ、鼻毛を短くカットするのがNGなのかといいますと、鼻毛にも重要な役割があるからです。

 

鼻毛の主な役割としては、「外からの異物をブロックする」「ほこりや細菌をブロックする」「花粉をブロックする」「乾燥を防ぐ」などがあります。

 

 

 

これらの機能が失われてしまうと、体にも悪影響を及ぼしてしまう危険があるのです。

 

鼻毛を短く切りすぎてしまうと、くしゃみも出やすくなりますので、心当たりがある方は適度にカットしておくのがベターですね。