MENU

青ヒゲはどうして青く見えてしまうの?原因は○○だった?!

青ヒゲで悩んでいる男性も少なくはありません。

 

最近では、女性でも青ヒゲに悩まされている方もいらっしゃいます。

 

 

 

体質という根本的な原因の可能性もありますが、生活習慣が悪かったり、ストレスを抱えている人は男女関係なく注意が必要ですよ。

 

自分は大丈夫!だと思っていても、明日は我が身になってしまうかもしれませんね。

 

 

 

青ヒゲはかなり目立ってしまいます。

 

プラスな方向に目立ってくれる分には良いのですが、青髭の場合は…「老けて見える」「清潔感がない」「カッコ悪い」「不健康に見える」などといったマイナスな印象を持たれてしまうことがほとんどです。。

 

 

男性としてはかなりショッキングな内容ですよね。

 

なりたくてなったわけでもないのに、現実は残酷です。

 

 

 

そんな青ヒゲが青く見えてしまう原因についてですが、「ヒゲの根元(毛根)が皮膚を通して青く見えるから」です。

 

カミソリやシェーバーを使って髭剃りをしても、毛根まで処理するのは難しいですからね。

 

でも、同じヒゲが生えていて、毎日髭剃りをしているのに、青ヒゲになっていないという男性もいらっしゃいますよね?

 

 

 

男なら高校生を過ぎたあたりから徐々にヒゲが生えてきて、大学生や社会人になると毎日のヒゲ剃りが欠かせなくなってきます。

 

それなのに、青ヒゲになる人と青ヒゲにならない人が居るのには理由があります。

 

 

 

青ヒゲになってしまう人の特徴は、「ヒゲが太いこと」にあります。

 

ヒゲが濃い人ほど、青ヒゲなってしまうのです。

 

今は青ヒゲで悩んでいないという男性も、少し歳を重ねると、気がついたら青ヒゲになってしまった…というケースも少なくはありません。

 

 

 

そうなってしまった場合に、この先ずっと青ヒゲのことで悩んでいくしかないのかと悲観される方も多いでしょう。

 

そんな方々にオススメなのがゼロファクター【5a SPローション】ですね。

 

 

 

こちらは、使い続けていくうちに濃いヒゲや青ヒゲを薄く目立たなくしてくれる効果があります。

 

下記の公式サイトからの注文では、初回980円という激安価格で申し込むことができますので、まずはお試し感覚で使ってみるのも良いと思いますよ。

 

 

 

〉〉ゼロファクター【5a SPローション】公式サイトはこちらから〈〈